NEWS

2018 - 10 - 04
【イベントレポート】企業に茶室?! パナソニック出資の100BANCHオフィスにて茶会を開催

オフィスで茶会?!?!
ホワイトボードで空間を囲み、そこを喫茶スペースにする。
オフィス内に非日常空間を作り、皆がリラックス、また交流できるようにする。

TeaRoomでは以下のような仮説を持って、検証、また仕組み化に取り組んでいます。

多くの企業のオフィスに茶室が設けられ、その茶室が取引先へのおもてなしや、社内コミュニケーションを活性化させるツールとして使用されるような世の中になっている。
「コミュニティードリブンなコワーキングスペース×茶室」という組み合わせはすぐにでも起こりうる未来だと考えている。
また、滑らかに繋がるコミュニティーが増えていくことで、より多くの人が自らを考える時間を持つことができると考えている。それによりそれぞれに余裕が生まれ他人への思いやりの心を持つ事ができるようになる。
結果、人の思いやりに溢れる社会を創造できると考えている。
その滑らかで優しい社会こそが、TeaRoomの目指す、100年後の未来。

そのために、
11月には、TeaRoomプレゼンツの茶室「chaspo」が完成します。
その際にはまたリリース出しますので、
ぜひお楽しみに。