NEWS

2018 - 08 - 23
協賛イベントHKIC2018にて、ハーバード生らに茶会を主宰

HKIC2018プログラムにて、
ハーバード生を始めとした世界のトップ学生に茶会を主宰させていただきました。

海外に日本茶を輸出する弊社では、
茶道という形ではあるものの、教養深いハーバードの学生の方々に生きた感想をいただくことができ、
大変勉強になりました。



イメージ:8月23日開催の茶会の様子

また、いつものことのように思えますが、

「茶は世界を繋ぐ」

ということを再確認いたしました。

参加されていた日本人とハーバード生も、
自然と心の距離が近くなり、打ち解けているような印象を受けました。

また、

「一盌からピースフルネスを」

裏千家大宗匠がおっしゃっているお言葉ですが、
茶を介すること。一盌を皆でいただくこと、
そんな単純ながら、深い行為が世界に平和を生むと確信いたしました。

今後とも、日本からの平和構築の手段として、
日本のファンを増やすため、
また弊社のビジョンである
「日本の普遍的な価値の可視化&再構築」に向けて、
今後とも、国内外問わず茶会を開催させていただきます。

ご依頼はこちらからおまちしております。

また本年度HKIC2018につきまして、
下記の企業様とともに協賛をさせただきました。
今後、本年度テーマである「Branding Japan」に向かって、日本の魅力を再ブランディングするプロダクトを発表する予定です。
今後とも、まだまだ未熟な会社ではございますが、よろしくお願いいたします。