NEWS

2019 - 07 - 21
【イベントレポート】ねはんごはん 〜なにが私を癒やすのか〜食による究極の癒しを追求する

食を通じた最適な「癒やし」とはどんなものなのか?

食と食の前後における行動フローのなかで、どのように「癒やし」が実現するのかを実験する第一弾です。

動作として、居酒屋にいって靴を脱ぎ、おしぼりで顔を拭いて、冷たい飲み物を飲んで、温かい料理を食べて、食後ほっとする。
また環境として、何度でどんな風が吹いている、酸素濃度がどんな状態で、どんな音楽が流れているのか。
そういった種々の要素のなかで、私達の考えるベストな癒やしを体験いただいたうえでフィードバックを主観/客観的な情報としていただくことで、本当の理想形としての癒やしメニューというものを考えていきたいと思います。

今まではなんとなく◯◯すると癒やされるよね、といったものがそれぞれ本当に効果があるのかわからないまま、手付かずで判断されてきたものを、次回以降の実験でさらに要素を変えて比較することで、癒やしに対してなにが有用なのかを探っていきます。
そして、日本では当然の動作や環境などの要因のうち、癒やしに効果がある要素がわかることで、たとえば、海外の方でストレスフルで時間もなくて冷たいサンドイッチを食べる人が、食事の前に温かいお茶を嗅ぐことで鼻を温めたり、温かいおむすびに食べるものを変えたり、食事のときに聞く音楽を変えたりすることで癒やしを得られるようになっていくかもしれません。

————————————————–
☆本日のねはんごはん☆

ー生まれる/つくるー
・ぬぐ
・きよめる
・はなたれる

ー生きる/食べるー
・かぐ
・のむ
・たべる

ー死ぬ/消化するー
・つぶる
・つながる
・ひろめる


<監修>
ここちすとスタジオ代表 大畑慎治

<special thanks>
パナソニック株式会社 様
カフェ・カンパニー株式会社 様

<Members>
旅するおにぎり屋 菅本 香菜
株式会社椎茸祭
Ozone合同会社 雨宮
竹あかり演出家 Chikao Ikeda
株式会社TeaRoom 岩本


以下は詳細

お出汁、おむすび、お茶。 お客さんからよくいただくのは「癒される」という言葉です。 この癒し効果をもっと世の中に還元していけるのではないか?と考えた私たち。 食と癒やしは関わりがなにかある、そう多くの人が感じているはずなのに、実はその観点での研究や記事が見当たりません。 食、音楽、音楽、風など様々な要因を組み合わせた体験を通じることで、私自身が感じる癒やしを自覚できるのか、食を通じた癒し体験とはどんなものになるのか。 そんな問いに挑戦します。 きっと、世界の平和は一人一人の平和から。 この実験をきっかけに、癒しの輪を広げていきます。

リンク:http://100banch.com/events/17899/