Team

TeaRoomのメンバーを紹介!!

岩本 涼 – Iwamoto Ryo –
代表取締役CEO

1997年生まれ。裏千家での茶歴は12年を超え、現在は「日本のお茶で優しい革命を起こそう。」をミッションに株式会社TeaRoom代表取締役を務める。2018年9月には一般社団法人お茶協会が主催するTea Ambassadorコンテストにて、日本代表/Mr.TEAを受賞。国際的な茶の普及活動にも従事している。2019年1月には米UC DavisにおけるGlobal Tea Initiativeにて日本人最年少の登壇者として選出された。「謙虚に、驕らず、全力で」をモットーに、精力的に活動を行なっている。

 

 

近藤 洋人 – Kondo Hiroto –
取締役CFO

代表に本物のお茶を飲ませてもらいその魅力的な味に感動。
味を伝えつつも、茶がおりなす特別な空間を人々にもっと感じてもらいたいと思い参画。
株式会社TeaRoomを内から支える敏腕コンサルタント。個人投資家としても多数の投資先をもつ。
社内では経営戦略から日常の業務まで幅広く担当している。

 

 

水野 嘉彦 – Mizuno Yoshihiko –
執行役員COO兼大河内北工場長

日本茶アンバサダー。
イギリスへ2度のホームステイを経て、海外の魅力に触れつつも日本の魅力を再確認。
日本を知りたいという思いから学生時代に41/47都道府県を巡る。
茶道の先生である母の影響やお茶が好きであったこともあり、お茶の魅力に惹かれ株式会社TeaRoomを共同創業。
「洋風」と「和風」という言葉を無くすことを目指している。

 

 

 

加藤 重樹 - Kato Shigeki –
社外取締役、株式会社カクニ茶藤 代表取締役

カナダでファームステイ生活を送った後、1991年に帰国し、家業であるカクニ茶藤に入社。1993年、23歳の時に同社代表取締役に就任。培ってきた茶の知識とコミュニケーション力でグローバル企業の茶商を相手に、アメリカをはじめドイツ、アジア、オセアニア各国で販路を広げてきた。有機緑茶の製造に力を入れ、有機栽培のベンチャー事業にも参画。高品質な日本の緑茶をつくり続けている。

 

 

 

 

清水 蒼大 – Sota Shimizu –
デザイナー

チーフクリエイティブオフィサー/旅人。デザインに対するこだわりやそれを支える観察眼は他のデザイナーと一線を画す。バックパッカーとして、世界を旅してきた彼は、
多様性をとことん愛し、どんなアイデアでも肯定する。デザインは「旅と似ている」という彼は、自らの夢に向け歩みを進めている。
現在社内では、その経験を生かし、コンセプト設計からデザインへの落とし込みまで、網羅的に担当している。

 

山本莉央 -Rio Yamamoto-
商品企画

留学中のルームメイトによる突然のビーガン宣言を機に、自らの食選択が与える社会への影響について考えるように。「健康と環境という点で持続可能な食生活を推進する」という想いを胸に、大学版フードバンクプロジェクトを立ち上げるなど多数フィールドで活動中。自家製ミューズリーを持ち歩くなど食へのこだわりは人一倍。

 

 

池崎修一郎 – Shuichiro Ikezaki –
百姓

3年前より日本茶の奥深さにどっぷりとハマり、
日本全国の茶園を周り始める。
農家さんとの密なコミュニケーションが好き。

 

 

三木浩江 -Hiroe Miki-
営業部Tea experience designer

ある時、外国人が抹茶に感銘している場面に遭遇。抹茶の世界的な可能性に魅せられ、「抹茶から見るJAPANの可能性」をテーマに単身、フィリピン、シンガポール、バンコク、ロンドン、ニューヨークで日本茶のマーケティングプロモーションやイベント企画運営を行う。日本茶を通した様々な経験をデザインすべく日々奮闘中。

 

 

 

五十畑剛 -Go Isohata-
営業部

幼少期から剣道に多くの時間を捧げたことから、日本文化を世界に広められる仕事をしたいと考えていた。『日本の茶で人類の和を生む。』というTeaRoom代表岩本涼の熱意と人間性に惹かれ参画を決意。自身は文部科学省が主体であるトビタテ!留学JAPAN9期生として、2018年10月よりスリランカの地で日本茶の普及活動に努める。

 

 

高梨大輔 -Daisuke Takanashi-
プロダクトマーケティング

大学3年時にスタートアップ業界へ、美容業界のHRメディアを運営する株式会社リジョブの創業メンバー/元取締役副社長/CMO。2014年じげん社(東証一部)に約20億でM&Aを経験し退任。スタートアップ専門のマーケティングアドバイザーとして活動。TeaRoomでは、プロダクトマーケティングをしている。

 

 

高松 裕美 -Hiromi Takamatsu-
コミュニティーマネージャー

美容師→スタートアップ業界へ転職。リジョブの創業メンバー(元代表取締役COO)、ビジネスサイドと組織を統括。M&A後、2015年退任。スタートアップのアドバイザリー活動をおこなう。TeaRoomでは、ビズ側やオフライン施策をしている。

 

 

 

顧問
顧問弁護士:佐久間洋介
顧問会計士:増田 優樹、
特別顧問:小里博栄、株式会社laditta 代表取締役

TeaRoom Lab
業界のプロフェッショナルが20名以上在籍するお茶コミュニティーです。
お茶を軸に様々な実験をしております。